【2022年9月】ホットクックのオススメ機種はどれ?時短料理したい主婦向け

コラム

手軽で美味しく使いやすい!

口コミでも高評価のホットクックですが、いざホットクックを買おうと思っても機種がたくさんあって、どれを選んだらいいのかわからない、という方は多いのではないでしょうか?

2015年以降、毎年新しい機種が発売されているので、機能も少しずつ増えていて選ぶのが難しくなっています。

シャープの公式ページでも機種の違いがわかりにくい…

そこで、ここでは共働き育児ママなど、時短料理したいにオススメのホットクックの機種をご紹介します。

この記事は、下のような方にオススメです。

  • 料理を時短したい
  • ホットクックを買いたいけど、どれを選んだらいいかわからない
  • ホットクックのオススメ機種を知りたい

細かいことはいいから、オススメ機種を知りたい!という方は、目次からとんでくださいね★

スポンサーリンク

はじめに決めること

ホットクックを買うときにまず決めることは2つ。

  1. 容量
  2. Wi-Fiの有無

それぞれ説明していきます。

1.容量

容量は3種類あります。

  • 2.4L(2~6人分):4人以上の家族に良い。
  • 1.6L(2~4人分):2人では少し余る。4人だと少し物足りないかも。
  • 1.0L(1~2人分):2人で食べきるくらい。

一番小さい1.0Lは容量・サイズが小さく、コンパクトなため狭いキッチンにも置きやすいという基本的に1人暮らしの方向けのモデルになります。

また、かきまぜる力が弱いためできるレシピ数が半分程度しかありません。

そのため、料理を時短したい主婦の方は、2.4Lか1.6Lから選ぶことをオススメします

2.4Lと1.6Lのどちらがいいかは、容量、サイズ、お値段の3つのポイントを押さえて自分に合うものを選んでください。

基本的に2.4Lの方がサイズもお値段もアップします。

容量については上で記載の通り、4人以上の家族や作り置き前提の方は2.4Lがいいと思います。

料理嫌い主婦
料理嫌い主婦

我が家は夫婦2人分で1.6Lです。

だいたいどのメニューも、次の日の昼食1.5人前くらい残るイメージ♪

サイズとお値段は一覧に記載していますので、下の表をご覧ください。

2.Wi-Fiの有無

次に、Wi-Fiの有無です。

  • Wi-Fiあり:スマホと連動させて、自動メニューが増える(2022年3月現在500種類近く)
  • Wi-Fiなし:本体掲載メニューのみ(130種類程度)

公式サイトに掲載されているメニューがどんどん増えていくので、Wi-Fi機能があればスマホから送信するだけで公式サイトのメニューを作ることができます。

料理を時短したい方は自動メニューをバンバン使うことになりますので、Wi-Fiありを選んでください

ちなみにWi-Fiなしモデルは、2.4Lは2016年、1.6Lは2019年以降発売されていません(1.0Lはそもそもない)。

中古でない限り手に入れるのは難しくなっていきそうです。

機種一覧

以下は、2.4Lと1.6LのWi-Fiありモデルの一覧です。

2.4Lモデル

発売年内鍋フッ素小型化/かきまぜ倍速横幅価格(赤)価格(白)
KN-HW24G202134.5 cm¥52,980¥52,999
KN-HW24F202039.5 cm¥48,910¥49,694
KN-HW24E201939.5 cm¥61,293¥36,799
2.4Lモデル一覧  ※価格は2022/9/9価格.com調べ。

1.6Lモデル

発売年内鍋フッ素小型化/かきまぜ倍速横幅価格(赤)価格(白)
KN-HW16G202133.0 cm¥43,799¥42,999
KN-HW16F202036.4 cm¥36,794¥37,980
KN-HW16E201936.4 cm ¥46,530¥33,800
1.6Lモデル一覧  
※価格は2022/9/9価格ドットコム調べ。16Gは赤ではなく黒が発売されたため、黒の価格

各機能・価格について

内鍋フッ素加工

2020年以降、フッ素コート加工された内鍋が標準装備になりました(それ以前はステンレス製)。

正直これはあった方がいいと思います

サッとあらっただけでヌルつきがすっきり落ちます

さらに1年ほど使っていますが、焦げやこびりつきなど一切ありません

フッ素コート加工

小型化・かきまぜ倍速

2021年発売の最新機種は小型化が果たされました!

特に2.4Lはサイズが大きいため置き場所に困るという意見も多かったので、それに対応したものと思います。

持ち手の部分のせいで横幅が大きかったのが非常にコンパクトになりました!

またかきまぜがパワーアップし、つぶしたりホイップしたりもできるようになりました。

こちらは正直あまり使わない気がしますのでオマケ程度に考えて、置き場のせいで買うのをためらっていた方は最新機種をチェックしてみてください。

価格

価格は表に示した通りですが、2.4Lの最新機種も5万円強と発売当初の7万円程度から価格が下がってきています。

1.6Lにするとそこから1万円ほどお安くなりますので、価格がネックという方は1.6Lを選ぶのもアリですね。

また、世代をさかのぼれば最安では3万円ちょっとで手に入れることができます。

料理嫌い主婦
料理嫌い主婦

必要な機能とお財布と相談して、欲しい機種を選んでください!!

まとめとオススメ機種

以上これまでご説明してきた通り、時短料理をしたい方は2.4Lか1.6LのWi-Fiありの中から、ご自分に合った機能、価格のものを選ぶことをオススメします。

最後に私が独断でオススメ機種を2つ選びました!

多少高くても、しっかり量を作れてコンパクトにおけるものを選びたい方は、2.4L最新機種のこちら!

お値段はおさえめでも使いやすいものを選びたい方は、1.6Lの1世代古いモデルのこちら!

以上、料理を時短したい主婦の方々が、自分に合ったホットクックを手に入れることを願っています★

料理嫌い主婦のホットクック活用ブログ、ここまで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました